福島原発事故被害救済九州訴訟を提起しました!

去る9月9日、福岡地裁にて訴訟提起を致しました!福島原発事故避難者による集団訴訟としては、九州では初めての提訴です。全国の先行訴訟と比較して、原告団に福島県外からの避難者が多い(10世帯中6世帯)という特徴があり、避難の相当性について、国や東電が強く争ってくることが予想されます!この点については同じ争点を抱える他地域での先行訴訟との連携協力を密にしていきたいと思います。

なお、今回の請求は、慰謝料・財産的損害を含んだ包括一律請求です。避難生活の続く原告の方々の印紙代の負担を考慮して、ひとり550万円の一部請求としました。

以下のとおり、各マスコミメディアで取り上げられました!(リンク切れの際はご容赦ください)

福島原発事故の避難者が“集団提訴”(RKBNEWS)
http://rkb.jp/news/news/22817/

福島原発事故:九州避難者が東電と国を相手取り賠償提訴(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20140910k0000m040068000c.html

原発事故で九州避難31人 1億7050万賠償提訴(読売)
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20140910-OYS1T50003.html?from=sycont_top_txt

原発避難者、東電と国を集団提訴 九州では初めて(朝日)
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/ASG995D71G99TIPE019.html
http://www.asahi.com/articles/ASG995D71G99TIPE019.html